23歳が気になることを書くブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23歳が気になることを書くブログ

23歳の自分の足跡を残していきます。

おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)

本の話 車の話 自分の話

自分の大好きな「星の王子さま」の

お話の中の一文にこんな文がある。

 おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)

f:id:shuuichi23:20170301234834j:image

本当に深い言葉ですね。確かに忙しい日々や

追われる毎日に気を取られ忘れてしまう。

当たり前のことなのに、とても大切なことなのに忘れてしまっている。

「最近の若者は◯◯だ」

「なんでこんな簡単なことがわからないの?」

「こんなこと出来て当たり前のことだ!」

こんな時には、星の王子さまの一文を思い出してほしいですね。

初めて何かにチャレンジしてみた時のことを。

まだ何色にも染まっていなかった子供の頃の自分を。

無邪気に生きていたあの頃の自分を。

 

教習車をみた。

今日帰宅途中に見ながら懐かしいな 

そして同時に頑張れ!てエールを

心からひっそりと送らせて貰った。

自分は教習車を見るたびによくエールを送っている。

しばらく観察しているとなかなかの安全運転。

穏やかな運転に好感がもてた。

こんなにも安全運転な彼もいつかは荒っぽい運転をしたり、

信号無視をしてみたりするのかな?どうなのかは分からないけれど。

誰もが初めは教習車から始まったんだなて思うと

ポルシェに乗っている人も

ベンツに乗っている人も

トヨタもホンダもみんなみんな

始まりは教習車からだったんだ。

 

出来事

ものすごいスピードで走ってくる車が見えた!

その車は教習車の後ろにペターーとくっついて

嫌がらせを始めた。

いやいやいや、教習車にすることかそれ!!

いくら急いでいたとしても、あまりにもひどい!

もう見た瞬間にものすごく不快な気持ちになりましたよ。

それを自分がやられたらどう思いますか?

人の気持ちを考えたことがありますか?

初めての路上教習のときの気持ちを

思い出せとそう言いたいかった!

 

今回の出来事で思いました。

多くの人って自分が初めは子供だった、ていうことを忘れている!

純粋な気持ち、ピュアな気持ちを忘れてはいけない。

 

shuuichi23.hatenablog.com

 

 

shuuichi23.hatenablog.com

 

餃子の王将のパチンコがあるらしい!初めて聞いたとき聞き間違えたと自分の耳を疑った。

勉強になった話 自分の話
自分の知らない世界

会社の先輩が教えてくれた。

餃子の王将のパチンコが楽しい。」

初めて聞いたとき聞き間違えたと自分の耳を疑った。

パチンコと餃子の王将という一見結びつかないはずの2つが

結びついていたからだ。本当に不思議な一言だった。

しかし同時にとてつもなく気になってしまって

餃子の王将のパチンコが頭から離れなくなっていた。

一体どんなものなのか、考えれば考えるほど

狐につままれた気分になった。

 

餃子の王将といえば中華料理屋さんで定食や料理が美味しい。

パチンコは自分はゲーセンでしかやったことが

ないので詳しくはわからない。わからないけれど

とにかく勝てばお金が増えるし、負けてしまえばお金がなくなってしまう。

簡単に言えばこんな感じの遊びでおおよそあっていると思われる。

 

想像してみる。普通に生活していて、

この2つが交わることがあるだろうか、いやまずない。

しかし、一見このように交わることのない者同士が交わることで

爆発的な面白さや、インパクトを生み出すことがあると思う。

意外性や不思議さが、注目を集め話題を呼びいつしか人気につながる。

 f:id:shuuichi23:20170301235135p:image

餃子の王将のパチンコ

 どうやらすでに3まで出ているということだった。

この事実に戸惑いつつもすごい!と直感的にそう感じた。

1、2、3とシリーズ化されているとはなかなかの人気ぶりだった。

試しに打ってみるか!なにこれ面白いな!

こんな風に新しいファンを増やしているなかも知れない。

そして演出は「餃子一日20万個!餃子一日20万個!」

有名な王将の謳い文句ですね。

CMで耳に残っている。

これがパチンコから聞こえてくるとは意外性の極みですね。

当たりそうなときには「あつあつあつ!」の演出。

こんなところまで拘るとは!

脱帽です餃子の王将に抜け目はない!

 

交わることのない者同士の面白い化学反応

見渡せばこの化学反応によって

生まれている商品は意外に多くある。

面白い発想。

続きを読む

サイザリヤの間違い探しが異様に難しすぎる

自分の話

 

皆さんはサイゼリヤ行ったことありますか?

サイゼリヤのメニューの中でダントツで

人気ナンバーワンのメニュー

そう「ミラノ風ドリア」ですよね。

299円のいうものすごくリーズナブルに

食べることができる美味しいドリアですね。

学生の頃安くてお腹が満たされるのでよく食べていました。

 

さあ、そんな素敵なお店サイゼリヤ

キッズメニュー見たことありますか?

このキッズメニュー ただのキッズメニューと侮ることなかれ、

何を隠そう裏面には「サイゼリヤのプロシュートができるまでの工程」が

事細かく記載されている。

 …だけじゃなくてなんとこの工程が間違い探しになっている。

 

食べる以外の楽しさが。

え!?なにこれすごい遊び心。料理の待ち時間に最適じゃないか。

あ、でもこういうたぐいの間違い探しといえば

かなり簡単ですぐクリアしてしまうことが多かったり、、、。

 

よし!早速チャレンジしてみる。

 

 

???

 

え?これ、よくある間違い探しとは違って桁違いに難しい。

実際のサイゼリヤの間違い探し↓

f:id:shuuichi23:20170219230106j:image

この中に間違いが10個ある。

かなり難しくてなかなか見つからなかった。

負けず嫌いな自分の心に突然火がついていたが、なかなか手強く

9個までは見つかったがあと1個がどうしても見つからない。

 

文明の利器は手のひらサイズ

2017年の世の中は便利で満ち溢れている。

指一つで世界地図を見たり、自分の乗りたい電車の情報を手に入れたり、

サイゼリヤの間違い探しについて答えを求め検索できてしまったり、、、。

 

プレミアムフライデーに思うこと。

ホットな話題 自分の話

プレミアムフライデー

最近何かと騒がれていますね。

 f:id:shuuichi23:20170301234935j:image

簡単に言えば毎月最終金曜日は午後3時までで仕事を終えるという制度。

しかし、ニュースなどを見ていると

なかなか批判的な意見が飛びかっていますね。

下請けの会社が苦労するだけ。

結局はどこかで穴埋めが必要という現実。

仕事が終わらなければ土日出勤で仕事をやりきる。この制度実現の壁は分厚く、なかなか辛い現実が待っていました。

 

 

工夫してみるべきでは?

しかしこの制度の実現のために企業や働く人たちは何か行動を起こそうとは思わないのだろうか?仕事が早く終わる様に工夫すべきとは思わないのだろうか。効率を上げて時間をつくる。仕事がいかに早く終わるのかを考える。「こんな制度無理だ」や「ブラックの企業のうちには関係ない」と嘆くよりもこういう制度が増えて プライベートな時間を増やす努力をもう少ししてみるのもありかもしれないと思います。口だけならば誰でも言える。自分にも言えることだと思いますが。それよりも制度が現実味を増す方向に自分達の力で努力した方がいいと思います。

 

制度を作った人達

思うにはこの制度を考えた人は、

仕事をしている人のことを考えているようで、考えていないのかもしれないですね。つまり読みが甘かったのだと思う。実際の現場を知らなすぎるのでは?自分の目でみたこと感じたことを信じてほしい。

 

今回の制度について

しかし内容はどうあれこの様な制度を作ってくれるということはありがたいと思う。

実現可能かどうかという点を除けば、素晴らしい案なのかもしれない。働くことについて考えさせられる出来事でした。

様々な分野で活躍される方々の今後の動きに注目していきたいです。

友達の名前の間違いに気づいていないようなもの

車の話

f:id:shuuichi23:20170219082318j:plain

ミニクーパー

現在もっとも大好きな車。

昔からミニクーパーに興味があって

いつか自分も車を購入する時が

来たのならミニクーパーを選びたい、

ぼんやりと感じていた。

そして去年ミニを購入することができた。

 

しかし、そもそもミニクーパーていう呼称に

一括りにしてしまうことは少々間違っている。

どういうことなのかというと

 

ミニは車の会社名もしくは 車の種類の名称

例えばトヨタならクラウンプリウスのよう。

 

クーパーはグレードの中のひとつである。

クラウンならアスリートロイヤルサルーンジェスタのよう。

 

グレードにも種類があって

ワン クーパー クーパーS ジョンクーパーワークス

<今回はディーゼルモデルは割愛します>

このように大きく4種類に分類されているのです。

なんてこった、自分の大好きな車の事で

こんなにも失礼な間違いを

23年間もしてしまっていた。

友達の名前の間違いに気づいていないようなものですね。